理想的な家事動線! 富岡市 Sさん

富岡市 Sさん

Q1. 我が家との出会いを教えて下さい。

住宅誌掲載記事をキッカケに見た目の雰囲気やしっかりと考えられた家事動線に惹かれ、まずは山内ご夫妻の自宅(モデルハウス)を見学させてもらったんです。
部屋毎に仕切りがないため非常に動きやすく、明るさと開放感も印象に残りましたね。

また、子どもたちも自分の家のように本当に楽しそうに遊び回っていて、唯一「こんな家が欲しい」って口にするほど、今まで見てきた他社さんの住まいとは明らかな違いを感じました。

Q2. 我が家に建築を依頼した決め手は?

他社さんの建てる住まいも決して悪くありませんでしたが、それ以上に山内ご夫妻の自宅は「こんな家に住めたらいいね」と憧れを抱いてしまうほど、日々の暮らしがイメージしやすかったんです。

それに山内社長からは「家づくりを心から楽しんでいる」感じが伝わってくるし、ビシッとスーツを着込んだ営業マンにありがちな「売りたい」アピールもない。
昔から知り合いだったかのように友人感覚で何でも話せるので、今では一緒にお酒を飲みに行ったり子どもたちを連れてスキーに行くほど、家族ぐるみでお付き合いさせてもらっています。

Q3. 住み心地はいかがですか?

真冬でも夜に少し薪ストーブの火を熾せば体の芯から暖まるし、機密・断熱性が高いので、余熱で朝も寒さを感じないんです。
それにアパートのときは仕事から帰ったらまずモノを動かして自分の居場所を作るほどでしたが、今は量はもちろん出し易く片付けやすい位置に収納があるので、思った以上に室内が散らかりません。