注文住宅の購入を検討している方へ|住宅ローン控除について

「住宅ローンの控除が受けられる条件について詳しく知りたい。」
「控除を受けるための手続きや注意点について知っておきたい。」
注文住宅の購入を検討している方で、住宅ローンの控除が適用される条件や、控除を受けるための方法について知りたい方もいらっしゃると思います。
そこで、住宅ローンの控除に関して解説します。

 

□住宅ローンの控除が受けられる条件

住宅ローン控除とは、注文住宅を購入した際に住宅ローンの控除がされることを言います。
基本的に、年末のローン残高に応じて所得税の控除が受けられるようになっています。
住宅ローンの支払いは、家計に大きな負担を与えてしまいますよね。
ローン残高の1パーセントが所得税から控除されることは知っておきましょう。
控除が受けられる条件として、ローンの返済期間が10年以上あること、合計所得金額が3000万円以下であることがあります。
75パーセント程度の人が利用しているとも言われています。

 

□控除のための手続き方法、注意点

住宅ローンの控除が受けられる条件について解説しました。
控除を受けたいとお考えの方で、どのようにして手続きをしたらよいのかわからない方は多いのではないでしょうか。
また、手続きの際に注意すべきことについても気になっている方は多いと思います。
そこで、控除の際の手続き方法や注意点について解説します。

*住宅ローン控除を受けるための手続き方法

住宅ローン控除を受ける際には、住宅を建てた翌年に確定申告をしておく必要があることは頭に入れておきましょう。
会社員などの給与所得者の方は一度申告すれば2年目以降は年末調整で手続きできるので非常に楽です。
確定申告の際は、いくつか必要な書類があるのであらかじめ用意しておくとスムーズに手続きができると思います。

 

□まとめ

今回は、住宅ローンの控除が受けられる条件や控除を受けるための方法について解説しました。
消費税増税後の控除期間が2019年10月1日から2020年12月31日に入居する場合には10年から13年に延期されたということは知っておきましょう。
住宅ローンの控除について気になっている方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。