住宅における2020年問題とは?詳しく解説します!

「2020年問題という言葉を聞いたことがあるけど、何のことかよくわからない。」
「省エネ基準を満たした住宅の特徴について詳しく知りたい。」
新しく住宅を購入しようと検討中の方で、省エネ基準を満たした住宅の特徴について気になっている方はいらっしゃいませんか。
また、それに関連して2020年問題についても解説します。

 

□2020年問題について解説

*2020年問題とは

2020年問題という言葉を見たことや聞いたことがあっても、どういった意味があるのか知らない方もいらっしゃると思います。
2020年問題とは、簡単に解説すると、住宅の省エネ義務化です。
こちらは、2020年には開始される予定でしたが、延期になりました。

*省エネ義務化の目的とは

2020年問題は、省エネ義務化が主な主題ということは理解していただけたでしょうか。
ではなぜ省エネ義務化が進められているのか気になっている方もいらっしゃると思います。
そこで、省エネ義務化の目的について解説します。
建物、住宅部門でのエネルギー消費を抑えることが省エネ義務化の主な目的にあります。
現在、日本の全エネルギー消費の3割以上を建物、住宅部門が占めていることはご存知でしたか。
意外と多くの割合を占めていて驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。

*省エネ義務化が延期になった理由とは

省エネ義務化は2020年に開始される予定でしたが、延期されることは上記でお伝えしました。
これは、現状では基準に適応できる事業業者が少ないことが主な原因となっています。
つまり、この事態に対応できる業者が増えれば省エネ義務化が進められる可能性は大いにあると言ってよいでしょう。

 

□省エネ住宅の基準

上記で、2020年問題をはじめとして、省エネ義務化に関する話をしました。
具体的に省エネ住宅の基準について気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、省エネ住宅の基準について解説します。
省エネ住宅の基準は主に二つの観点から決められています。
一つ目は住宅の窓や外壁などの外皮性能です。
二つ目は、一次エネルギーの消費量です。
これらから、省エネ住宅は地球に優しい住宅づくりを進めているということがわかります。

 

□まとめ

今回は、2020年問題や、省エネ基準を満たした住宅の特徴について詳しく解説しました。
当社は、省エネ基準を満たした住宅を提供しているので、省エネ住宅に興味をお持ちの方の対応もできます。
何かわからないことや困ったことがあれば、お気軽にご相談ください。