注文住宅はデザインより機能性を重視すべき?アイデアをご紹介

「注文住宅の購入を検討しているけど、何に気をつけたら良いのかな。」
「収納のアイデアについて詳しく知りたい。」
注文住宅の購入を検討されている方で、どのように何に気をつけて選ぶべきなのかわからない方は多いと思います。
注文住宅を購入する際は、デザインも大切にしたいところですが使い勝手や収納力の方が永く住んでゆく上で最も重要なポイントです。

 

□ウォークインクローゼット

ウォークインクローゼットとは、人が中に入れるほど広い収納スペースのことを言います。
そのため、たくさんのものを収納できるといったメリットがあります。
また、そのまま中に入れるので、収納しているものを取り出しやすいことも魅力の一つです。
生活動線上に出入りできる間取りにすれば、家事に費やす時間の軽減や物の出し入れもスムーズになり、生活が快適になるので非常におすすめです。
デメリットは、隣接する部屋によっては湿気対策をしなければいけない点です。
建築基準法により寝室やリビングなどの居室は、換気計画が義務付けられてますが、押し入れやウォークインクローゼットなどの居室以外の部屋にはありません。

部屋が湿気によりカビ臭くなってしまうという可能性もありますので、注意が必要です。

 

□土間収納

土間収納とは、玄関にオープンスペースやシューズクロークなどを設けたものを言います。
玄関は、ものがごちゃごちゃしてしまうことが多い空間です。
しかし、土間収納を充実させておくことで、その問題を解決し、すっきりとした空間にできます。
アウトドア用品や工具など、室外には保管しておきたくないけど、室内に持ち込みたくないものは多いと思います。
しかし、土間収納があれば、室内に保管できるだけでなく、汚れるのをそこまで気にすることなく収納できます。
また、自転車などを簡単にメンテナンスする際にも活用できるのも魅力の一つです。
しかし、デメリットもあるのでそれも理解しておくことが大切です。
土間収納のデメリットの一つとして、収納したものが外から丸見えになってしまうことが挙げられます。
そのため、あまり見られたくないものを収納する場合は何かひと工夫する必要があることは知っておきましょう。
また、土間収納を設けることによって建物の総面積が大きくなってしまう可能性も考えられます。
玄関がすっきりすることは間違いありませんが、用途に応じて広さや収納する物など設計士と念密な打ち合わせが必要です。

 

□まとめ

今回は、注文住宅を購入する上でおすすめの収納について解説しましたが、理解していただけたでしょうか。
デザインにこだわりたい気持ちはわかりますが、使い勝手を重視することで、満足いく住宅になりやすいです。
注文住宅を選ぶコツについて気になっている方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。