中二階のある家について詳しく解説します!

「新しく住宅を購入しようと検討している。」
「中二階のある住宅の特徴について詳しく知りたい。」
新しく住宅を購入しようとお考えの方で、中二階のある住宅に興味をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
中二階のある住宅には様々なメリットがあります。
そこで今回は、中二階のある住宅のメリットや特徴について解説します。

 

□中二階のメリット

中二階のある住宅に興味をお持ちの方で、どのような特徴があるのかよくわからない方は多いと思いのではないでしょうか。
そこで、中二階のある住宅の特徴について解説します。
最大のメリットとして、中二階の上下階層に生まれた空間を最大限に活用できることが挙げられます。
住宅の中二階とは、基本的に一階と二階の間にもう一つ階層を設けられた建築様式のことを言います。
基本的に、一階と二階の間には何もない空間が生まれてしまいますよね。
その空間を効率的に利用できるのが最大の特徴です。
二つ目のメリットとしては、三階建てと比べて費用を抑えられることが挙げられます。
三階建ての住宅を建てる場合、二階建ての住宅に比べて費用が高くなってしまうだけでなく、構造上の制約を多く受けるといった特徴があります。
しかし、中二階のある住宅は二階建てなので、そういった制約を受けることなく、コストも余計にかからないといったメリットがあります。

 

□中二階の活用方法

上記でメリットについて解説しました。
空間を効率的に利用できる、余分なコストがかからないことを理解していただけたらと思います。
中二階のある住宅に興味を持ってくださった方で、具体的にどのように活用されているのか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、中二階の活用方法について解説します。

*動線を意識した収納

中二階の活用で一番多い方法が、新たに生まれた空間を収納として利用することです。
中二階の空間は広すぎず、狭すぎない空間なので、収納にも最適です。
収納の中でも中二階は、一階→二階、二階→一階へ移動する用事の際に必要な物を移動の途中で出し入れできる収納スペースとしても活用することができます。

このように単純な収納ではなく、動線の利便性を意識した収納にすることで、ストレスフリーでお家の中を移動できるのです。

*家族の団欒スペース

ある程度の広さがあるので、家族でのちょっとした団欒スペースとして活用されることも多いです。
一階と二階の中間に位置し、動線的にも家族が集いやすい空間なので、コミュニケーションが自然に生まれます。

*視覚的効果

吹き抜けに併設されることも多い中二階なので視線が縦横だけではなく斜め方向にも抜け床面積以上の広さを感じられる効果も得る事が出来ます。

□まとめ

今回は、中二階のある住宅のメリットについて解説しましたが理解していただけたでしょうか。
狭い土地でも、縦の空間を利用することによって、無駄のない住宅にできることが一番のメリットです。
中二階のある住宅について興味をお持ちの方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。