家づくりの際にかかる税金の内訳についてご紹介します!

「家づくりの際にかかる税金の内訳について詳しく知りたい。」
「固定資産税とは何か具体的に知っておきたい。」
住宅の購入を検討している方で、税金に関して不安をお持ちの方も多いと思います。
住宅の購入時だけでなく、所有しているだけで税金がかかるため、わかりにくいですよね。
今回は税金について解説します。

 

□住宅の購入時にかかる税金

*印紙税

印紙税とは、住宅を取引する際にかかる税金のことを言います。
印紙税は、契約によって金額が異なることは知っておきましょう。
2020年3月31日までに作られた契約書に関しては、軽減措置が適用されるので注意しておくことが大切です。

*消費税

住宅を購入する際にも、消費税がかかることはご存知でしたか。
土地の購入には税金はかかりませんが、住宅自体は課税の対象です。

*登録免許税

登録免許税とは、土地や住宅を登記する時に国に支払う税金のことを言います。
基本的に登記の状況によって税率が変化しますが、ある条件を満たすことで軽減措置が適用されることもあります。

 

□住宅購入資金の贈与にかかる税金

住宅を購入する際や、所有だけでなく、贈与や売却時にも税金が課せられることはご存知でしたか。
しかし、この税金は住宅を売却した側ではなく、住宅を購入した側に課せられます。
条件に関して控除や税率軽減などが適用されることがあるので、あらかじめよく調べておくことが重要です。

 

□住宅の保有にかかる税金

住宅は、所有しているだけでランニングコストがかかりますが、税金もその一つです。
かかる税金について解説します。

*固定資産税・都市計画税

注文住宅を購入した後は、固定資産税や都市計画税がかかります。
こちらは、土地の広さや場所によって異なることは知っておきましょう。
計算する方法もあるので、大体の目安はわかります。
具体的な税額の計算方法は、固定資産税の税額は固定資産税評価額の1.4倍、都市計画税の評価額は固定資産税評価額の0.3倍です。
これらは、条件によって軽減税率が適用される場合もあります。
基本的には、住宅の土地の広さによって適用されるかどうかが決まるということは知っておくと良いかと思います。

 

□まとめ

今回は、家づくりの際にかかる税金や、家を所有している時にかかる固定資産税などについて詳しく解説しました。
住宅に関する税金は多いですが、しっかりと把握しておきたいですね。
税金に関してお悩みの方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。