注文住宅の打ち合わせって何回くらいするの?打ち合わせ回数について解説します!

注文住宅の建設をお考えの方はいませんか?
注文住宅の建設をお考えの方で、打ち合わせ回数をどれほど重ねれば良いのかわからない方は多いでしょう。
そこで今回は、注文住宅を建設する際の業者との打ち合わせ回数はどれほどなのかを解説していきます。

 

□注文住宅建設の際の打ち合わせの回数

注文住宅を建設する際に絶対に行うことになる業者との打ち合わせですが、打ち合わせの回数、頻度は段階によって変動してきます。
工事着工前の打ち合わせですが、こちらが注文住宅を建設するにあたって1番打ち合わせ回数が多い段階になります。
工事着工前の平均的な打ち合わせ回数は5回から10回程度であると言われています。
しかしこれには個人差があり、多い場合は20回以上打ち合わせをすることもあるようです。
打ち合わせ回数が多くなる場合の特徴として、注文住宅購入者が注文住宅の建設に関して強いこだわりを持っていることが多いようです。
反対にこだわりをあまり持っていない場合は、比較的少ない回数で工事着工前の打ち合わせが完了することが多いと言われています。
建設が始まると1回から4回程度の打ち合わせが設定される場合が多いようです。
業者によっては建設中に打ち合わせを行わない場合もあり、状況によって変わってくるようです。
施工完了後は引き渡しの前後に確認等の打ち合わせが1回から2回程行われます。

 

□打ち合わせのコツ

続いて注文住宅を建設する際の打ち合わせのコツを紹介します。
まずポイントとして言えるのは業者とイメージを共有しておくことです。
打ち合わせの際には設計図などが平面であることが多いのでイメージがわきにくく、業者とのイメージにズレが生じてしまう可能性があります。
ズレを防ぐために、わからない場合はわかりやすいように詳しく説明してもらうようにすると良いでしょう。
ズレが生じたまま着工してしまうと、思わぬトラブルを招く可能性が高くなるので注意が必要です。
その他には業者の得意分野を引き出すことを心がけると良いでしょう。
打ち合わせの際に先に注文住宅の理想像や要望を伝えてしまうと、その業者が得意ではない施工技術が必要であっても無理に施工されてしまう可能性があるのです。
希望を伝える前にその業者の得意分野を聞き出しておくことで、そのような事態を防げます。
相性が悪かった場合は、違う業者に乗り換えることを考えても良いかもしれません。

 

□まとめ

今回は注文住宅を建設する際の業者との打ち合わせ回数はどれほどなのかを解説しました。
打ち合わせの内容次第で、満足できる注文住宅が建設できるかが決まると言っても過言ではありません。
注文住宅の建設をお考えの方は、今回解説した内容を参考にしてみてください。