注文住宅のメンテナンスって必要?必要な時期について解説します!

注文住宅のメンテナンスについての認識は人によって違いますが、ご自身の認識が正しい認識なのかどうか不安に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は注文住宅の築年数、時期に応じたメンテナンスについて解説していきます。

 

□注文住宅のメンテナンス

注文住宅のメンテナンスについてまず知っておくべきこととして、注文住宅の築年数によってするべきメンテナンスの内容が変わってくるということが挙げられます。
築年数によって修繕が必要な箇所や弱りやすい箇所は変わってくるので、築年数に合わせた正しいメンテナンスを行うことにより注文住宅の状態を良好に保つことに繋がるでしょう。
築年数に合わせた詳しいメンテナンス内容を順番に紹介していきます。

築5年から10年の注文住宅では、まず注文住宅の外壁で使用されることが多い窯業系サイディングは工場で均一的な品質で生産されるのでムラはそれほどなく、メンテナンス時期は10年前後とされています。
しかし、日々の手入れによって寿命は変わってくるので日々のメンテナンスも重要になってくるでしょう。
内装においては、壁紙などの内装材が劣化しやすく、アルカリ性洗剤などを用いて清掃すると改善できます。

築10年から15年の注文住宅では、水道管などの設備の刷新を視野にいれるべき時期だと言われています。
築年数がここまで進むとやはり外壁、内装共に劣化が進み、張り替えが必要な可能性も出てきます。

築15年から20年になると、注文住宅の基礎部分にもひび割れや床下などの見えない箇所などの劣化が見られる可能性が高まるので家全体を点検した方が良いでしょう。

築30年を超えてくると、仮に日々のメンテナンスを怠らずに行ってきていたとしても屋根なども修繕をしなければならない可能性が高まります。
サッシなども劣化が進んでいる場合があり、交換した方が良い状態にあるかもしれません。
サッシなどの部屋の空調に関わるものは最新のものに交換することで光熱費を抑えられる可能性もあるので率先して変えてみましょう。
内装に関しても同じで、一気にメンテナンスが必要になりがちです。

このように、物によって寿命も違ってくるので交換が必要なのかどうか判断しなければなりません。
また、注文住宅を建設した時期とは生活環境も違ってくるはずなので今現在の生活に合わせたリフォームなども考えてみても良いかもしれません。

 

□まとめ

今回は注文住宅の築年数、時期に応じたメンテナンスについて紹介しました。
より長い期間状態の良い家で過ごすためにもメンテナンスは非常に重要な作業です。
今回紹介したことを参考にメンテナンスしてみてください。