家事がしやすい注文住宅を作りたい方へ!家事動線について紹介します!

「家事動線の考え方を教えて欲しい。」
「今までのキッチンは家事がしにくかったため、家事のしやすい家を作りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、家事動線の考え方についてご紹介します。

 

□家事動線の考え方について

動線を上手に理解するためには、間取り図の中に一連の動作を書き込むことから始まります。
洗濯であれば、洗濯する、干す、しまうなどの動作がありますよね。
また、買い物であれば、買い物をしてくる、玄関に入る、キッチンへ入る、冷蔵庫にしまうといった流れがありますよね。
こういった動線を間取り図の中に書き込んでみましょう。
その線が交差していたり、何度も曲がっていたりする場合は、何度も同じ部屋を往復して、移動に時間がかかる可能性が高いです。
こういった無駄な動きこそが家事の効率を下げています。
この線をできるだけシンプルなものにすることで、家事の効率を大幅に上げられます。
動線をシンプルなものにするためには、作業スペースをつなげると良いでしょう。
上下運動は少なく、横移動で済むような収納の位置や何度も部屋を往復することがないようにすると良いです。
例えば、キッチンと玄関の距離を縮めると、買い出しの荷物の片付けやゴミ捨てが楽に終えられます。
また、洗濯機の近くに洗濯物をしまえる場所を設置すると、洗濯、干し場、収納が1つのスペースで済ませられます。
さらに、朝のお出かけの際や夕飯の片付けの時間は料理と洗濯を同時進行で済ます方は少なくないですよね。
そのため、キッチンと洗濯スペースを近い距離にしておくと、家事が楽になりますよね。
このように家事動線にゆとりを持ちつつ、シンプルにすることで、家事のしやすい家になるでしょう。

 

□生活動線についても考えよう

家族と生活している際に、朝トイレが混んでいたり、洗面台がなかなか使えなかったりした経験はありませんか。
朝は時間に余裕がなく、家族みんなが急いで準備をしたいのに、トイレや洗面台が混雑して、イライラしてしまいますよね。
そのため、生活動線についてもよく考えておく必要があります。
トイレや洗面台の数を増やしたり、リビングダイニングから近い場所に設置したりすると、スムーズに準備ができますよね。
家族の誰が、いつ、何をするかをよく考えてみると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、家事動線の考え方についてご紹介しました。
家事動線にはゆとりを持ち、シンプルなものにすると良いことをご理解いただけたでしょうか。
また、生活動線についても検討しておくと、より住みやすくなりますね。
注文住宅をお考えの方は、家事動線や生活動線をよく考えて家づくりしましょう。