注文住宅のローンの種類でお悩みの方へ!それぞれ特徴を解説します!

「注文住宅のローンの種類を教えて欲しい。」
「どのローンにするか迷っているためローンの種類ごとの特徴を知りたい。」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
固定金利でも固定期間が選べる方式があることをご存知ですか。
そこで今回は、金利方式の種類とそれぞれの特徴についてご紹介します。

 

□金利の方式とその特徴について

*変動金利の特徴について

変動金利とは、返済の途中で定期的に金利の見直しが行われる方式のローンです。
一般的には、金利の方式では金利が最も低く設定されています。
この方式は金利が下がると返済額は減りますが、金利が上がると返済額が増えます。
しかし、半年ごとに金利の見直しは行われますが、返済額が変わることはないため、注意してください。
一般的に返済額の変更は5年ごとに行われるため、5年に1度の更新であれば、返済額が増加しても対策ができますよね。
また、金利の返済額の増加は、前回から125パーセントまでしか上がりません。
しかし、返済額が130パーセント上昇していた場合は、残りの5パーセント分は次の更新時に繰り越される点に注意してください。
メリットは、固定金利よりも金利が低めであり、金利の上昇がなければ低金利で返済を続けられる点です。
デメリットは、将来的に金利が上昇する恐れがあることや金利が上昇し続けた際に、返済の負担が重くなるという点です。

*全期間固定金利の特徴について

こちらの方式は返済期間の金利が固定されるため、3種類の中では金利が最も高く設定されます。
しかし、将来的に金利が上昇するリスクがありません。
金利の変動がないため、将来設計や人生設計をしやすいという特徴があります。
そのため、メリットは将来設計や人生設計をしやすいことで、デメリットは金利が高く設定されることですね。

*固定期間選択型金利の特徴について

こちらは2年、5年、10年、20年と金利を固定する期間を選択できますが、固定期間中は金利も返済額も変わらないため、注意してください。
しかし、固定期間終了後はその時点の金利を見て、改めて金利の固定期間を新たに設定できます。
金利は固定期間が長くなるにつれて、金利が高く設定される点に注意しましょう。
固定期間の選択の際には、家庭の収入が増える時期、支出が増える時期、子供の独立などによって支出が減る時期を把握しましょう。

 

□まとめ

今回は、金利方式の種類とそれぞれの特徴についてご紹介しました。
変動金利は他の2つの金利方式よりも金利の設定が低いこと、固定金利では金利が高く設定されることなどをご理解いただけたでしょうか。
当社は、お客様の総予算に合わせた資金計画を立てるため、注文住宅をお考えの方はぜひご相談ください。