注文住宅の費用の内訳を知りたい方へ!業者が解説します!

新築で注文住宅を購入する際、予算を決めて購入する方が多いはずです。
しかし、家の価格を構成する費用の内訳について、詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。
予算内で家を建てるためには、どんなコストが発生しているのかを把握することが大切です。
今回は、注文住宅の費用の内訳について解説します。

 

□家づくりにかかる総費用の内訳とは?

家づくりにかかる総費用は主に、「本体工事費」「別途工事費」「諸費用」の3つに分けられています。
注文住宅の費用の内訳は、本体工事費用約75%~80%、別途工事費用約15%~20%、諸費用約5%~7%です。
家の購入で支払うお金がどのような用途で使われているのかを知ることで、費用のコストダウンを検討する際に、どの費用を削減すれば良いかを考えられます。
一般的に、ハウスメーカーの広告で掲載されている家の価格は本体工事費のみで表示されているので、家の予算を立てる際は、別途工事費と諸費用を組み入れた予算計画が必要です。

*本体工事費について

本体工事費とは、建物そのものを建てる際にかかる費用のことです。
具体的には、仮設工事や基礎工事、木工工事といった基礎・構造づくりから、外装や屋根の工事、窓やドア、断熱材やタイルの取り付け、電線や水道管の配線・配管、住宅設備の設置工事が含まれます。
庭や駐車場は含まれないことに注意しましょう。

*別途工事費について

建物以外にかかる費用が、別途工事費です。
具体的に、駐車場や庭をつくる外構工事、エアコンや換気扇を取り付ける空調設備工事といったものがあります。
別途工事費で注意すべきポイントは、家を建てる土地によって必要とされる金額が大きく変わる場合があることです。
建てる土地によっては、家を建てられる状態にするための地盤改良工事が必要になることがあり、その結果、必要金額が大きく変わることもあります。

*諸費用について

諸費用とは、住宅ローン手数料や登記費用、火災保険といった各種保険といった費用のことです。
また、想定外の事態が起きた場合に備えるための「予備費用」も諸費用に含まれます。
諸費用に関しては、基本的に現金払いとなっていることに注意しましょう。

 

□まとめ

注文住宅にかかる費用の内訳についてご理解いただけましたでしょうか?
家にかかる諸費用を理解することは、注文住宅の予算を考える前に必要な知識です。
新築の購入をご検討の方は、ぜひ参考にしてみてください。
当社では、お客様のご要望に合わせて土地探しからお手伝いしております。
ぜひお気軽にお問い合わせください。