注文住宅を購入の際に欠かせない保証について詳しく解説します

注文住宅を建設する際に、万が一住宅に欠陥が見つかったら、地盤に欠陥が見つかったらどうしますか。
その際に役立つのが、保証です。
住宅作りには、様々な要素や人や会社が絡み合っているので、たくさんの保証があります。
今回は、たくさんある保証のなかで、最低限抑えておいて欲しい保証について解説します。

□保証制度にはどんなものがあるのか?

保証制度で、最低限知っておいて欲しいのは

「瑕疵担保保証制度」
「住宅完成保証制度」
「地盤保証制度」
の3つです。

*瑕疵担保保証制度

瑕疵担保保証制度は、住宅に関する保証のことです。
瑕疵(かし)とはキズや欠点を意味します。
つまり、建物にキズや欠点があった場合、売主が保証してくれる制度になります。
これは、目に見えるキズだけでなく、建物の基礎などの見えない部分の欠陥も対象になるので抑えておきましょう。

*住宅完成保証制度

この制度は、万が一住宅が完成する前に施工会社が倒産してしまった場合、完成までの費用を保証してくれます。
すでに支払った着手金が倒産した施工会社から返ってこない場合がありますので、

気になる方はこのような制度があるということを覚えておくとよいかもしれません。

*地盤保証制度

家を建てるときには必ず、地盤の調査、施工を行うのですが、地盤に欠陥が見つかる場合があります。
この際に、仮住居費用や、再発防止のための地盤補強工事費用を保証する制度になります。
この制度についての具体的な例などについては、もう少し詳しく次の章で解説します。

□地盤保証制度とは?

地盤保証制度は、例えば、地盤が不均等に変化することによってドアの立て付けが悪くなったり、基礎部分に亀裂が入ったりした場合などに適用されます。
保証をうける人は、住宅の購入者もしくは、建築業社です。
一方で、保証するのは、保証会社や地盤業者になります。
一般的に、保証会社や、地盤業者は、損害保証会社との間で信頼性の高い損害賠償保険などを契約していることが通常でしょう。
しかし、中には契約の内容に不安を覚えるような保険契約を結んでいる場合もあるので注意が必要です。

□まとめ

保証にはたくさんの種類がありますが、その保証について最低限の知識を持っておかないと受けられる保証も受けられなくなる可能性があります。
そうならないためにも、しっかりと事前に保証について知っておくことが大切です。
私たちは、群馬県高崎市で注文住宅の依頼を承っております。
まずは、ご相談からお待ちしております。