子供がいる方必見!注文住宅の間取りの選び方をご紹介!

小さなお子さんのいるご家庭では、成長に合わせた環境づくりが大切になってきます。
そのため、今回はお子さんの将来のことを考えた間取りについて、気を付けるべきポイントについて解説していきます。
ぜひ、お子さんのいる方は、家づくりの参考にしてみてください。

□小さな子供がいる住宅の間取りのポイント

お子さんが小さいうちは、お母さんやお父さんにひっつくようにして生活しているのではないでしょうか。
この時期は、まだ個室を必要としない時期であり、親御さんもできれば目のとどく範囲で面倒をみたいと思うでしょう。

では、ここからはまだお子さんが小さい時の、住宅の間取りで注意すべきポイントについて解説していきます。
・リビング・ダイニングは広く、機能的に
家族の共有スペースであるリビングやキッチンは広めに取りましょう。
特にキッチンと自然につながるような間取りにすると、家事をしながらでも、子供を見守れるようになります。

・玄関を広めにする
小さなお子さんのいる家庭では、ベビーカーやマザーズバッグなど大きな荷物が増えます。
また、ベビーカーを卒業すると、今度は子供の靴や雨具などが増えてきます。
お子さんの成長の過程では、物がどんどん増えていくので、収納の観点からも玄関は広めに設計しておきましょう。

・スキップフロア で共用デスクを
小さなお子さんに、絵本を読んであげたり、勉強を教えてあげたりするのは、親御さんの役割のひとつです。
そして、住宅の間取りでは、一緒に活動するための共有スペースが必要になります。
例えば、スキップフロアでリビングのそばに、親子共有のデスクを設置するのも面白いかもしれません。
こういったスペースを設ければ、親子の思い出がどんどん増えていくでしょう。

・装飾用の造作棚と収納をセットで設ける
お子さんが小さいうちは、雛人形や兜飾りなど、季節の装飾を飾ることも多くなります。
しかし、これらは意外とスペースを要するものです。
そのため、あらかじめ季節のものを飾る棚を作っておくのも良いでしょう。
また、これらのものをしまう収納スペースも近くに作っておけば、出し入れに困らずにすみます。

・リビング階段で子供と顔を合わせる機会を増やす
リビング階段とは、リビングを通らないと子供が2階に上がれないようになっている階段のことです。
こういった小さな工夫は、子供の日々の変化を観察するために意外と役立つので、参考にしてみてください。

□子供の成長に合わせた間取り

子供は成長に合わせて模様替えが必要になります。
子供が小さいうちは、広いスペースで動けるようにした方がいいでしょう。
子供が成長して、個室が必要になれば、大きめの家具などで間仕切りをすれば部屋を分割できます。
この方法は、コストをかけずに、使い方を変えられるのでおすすめです。

□まとめ

小さなお子さんのいるご家庭では、成長に合わせて間取りを工夫する必要があります。
これまで説明してきたことを全て実現するのは、難しいかもしれませんが、ご自身で必要と思われるものがあれば、取り入れてみてください。
私たちは、群馬県高崎市で注文住宅の依頼を承っております。
ぜひ、一度お気軽にご相談くださいませ。