注文住宅をご検討中の方へ!よく耳にする断熱について詳しく解説します

「断熱性」「耐熱性」は住宅作りでよく聞くワードですが、皆さんは違いをきちんと理解できていますか。
この違いと意味を知っておけば、住宅についてもっと理解でき、ご自身の理想の住宅に近づくはずです。
今回は、断熱性と耐熱性の違いだけでなく、断熱性の高い家のメリットまで解説していきます。

□断熱と耐熱の違いとは?

*耐熱性

耐熱性とは、熱に対して強い性質をもつことです。
特に住宅などでこの言葉が使われる際は、防火機能の意味合いが含まれます。

*断熱性

一方断熱性は、熱を通さない性質のことです。
外の空気の温度は、壁や窓を通して伝わってきます。
そのため、断熱性の高い家にするためには、断熱材の使用や断熱性の高い窓にして、外の空気と家の中の空気をシャットダウンする必要があるのです。

□断熱性の高い家のメリットとは?

断熱性をもつ家のメリットについて以下で、紹介していきます。
・家の中の暖かい空気や涼しい空気を閉じ込める
断熱性のある住宅は、室内の空気を外部に逃しにくいので、室温を一定に保ってくれます。
そのため、長い目で見るとエアコンの電気代を節約できます。
最近は、ストーブ一台で家中が温まる家もあるほどです。
部屋が温まるのに時間がかからないのも良い点であると言えるでしょう。

・ヒートショックのリスクが減る
ヒートショックとは、温度の違う部屋を移動した時に、急な温度変化から心臓発作や脳卒中などの疾患が発生することをいいます。
部屋の温度差が発生する理由は、リビングなどの生活空間に対して、廊下などのヒーターを使用していない空間の温度が低すぎるからです。
しかし、断熱性能のある家は、廊下などの温度が外に逃げにくくなるため、部屋ごとの温度差が改善されるのです。

・家の劣化を防げる
断熱性能の高い家は、結露の発生を防げます。
結露は、部屋の暖かい空気に含まれる水蒸気が、窓を通して外の冷たい空気によって冷やされることで発生します。
断熱性能の高い家は、家の暖かい空気が外気と触れにくくなっているので、結露が発生しにくくなっています。
そのため、家の腐食を防げるので、劣化防止につながるでしょう。

□まとめ

断熱住宅は、ただ部屋の空気の温度を保つだけではありません。
結露を防ぎ家の劣化を防いだり、ヒートショックを予防したり様々なメリットがあります。
皆さんも家づくりの際に断熱住宅を検討してみてはいかがでしょうか。
私たちは群馬県高崎市で注文住宅の依頼を承っております。
ぜひ、お気軽にご相談くださいませ。