注文住宅を検討中の方へ!収納の間取りについてのポイントとは何か?

皆さんは収納の間取りで困ってはいませんか。
収納量と予算のバランスというのは常に頭を悩ませる問題です。
今回は、注文住宅において、収納の間取りで意識するポイントや、綺麗に保つコツを紹介していきます。
これを読んで、賢い収納を目指していきましょう。

□収納の使い勝手の重要性について

ずばり、収納は数ではなく使い勝手で決めましょう。
収納できるスペースを増やすことはもちろん大切ですが、綺麗な空間を保つためには片付けやすさも意識しましょう。

・自分のタイプを知る
人にはそれぞれ収納のタイプがあります。
例えば、衣類の収納はハンガーでしょうか、それとも引き出しでしょうか。
意識することは、自分が苦にならない収納方法を作っていくことです。

・持ち物と収納したい場所を把握する
収納スペースを決めていく前におすすめするのが、事前に収納が必要なものを書き出しておくことです。
現在ある持ち物を把握することで、必要な収納スペースの大体の量が把握しやすくなります。
また、断捨離によって、想定したよりも収納スペースが少なくてすむ場合もあります。
持ち物をすべて書き出すのは、かなり大変な作業ですが、無駄な収納に費用を使わないためにもがんばってみましょう。

・費用対効果で考えよう
収納スペースは広ければ便利ですが、それだけ家の面積が増え、費用がかさむということでもあります。
収納スペースを広げなくても、職人さんに棚だけ取り付けてもらって、後から、収納ボックスを用いるといった工夫でも解決できます。

□生活動線に沿った収納について

収納を考える際には、自分たちの生活での動きである生活動線を考えることも大切です。
そして、生活動線に沿って収納をしていくことにより、すっきりした収納ができるようになります。

では、早速どんなポイントを意識すれば良いのか説明していきます。
まず、各部屋にはその部屋で使うものだけを置くというルールを決めましょう。
例えば、納戸は季節に合わせて使うものだけを収納するようにします。
リビングは一番ものがたまりやすい場所ですが、私物を分けるためにも、家族のカゴを用意しておくと良いでしょう。
寝る前などに、必ずそのカゴに自分のものをしまうようにすれば、散らからずにすみます。
使わないものを部屋に置くと、当然ものがあふれかえってきます。
もしも、収納スペースが足りない場合は、整理するチャンスです。
必要ないものが含まれていないか確認しましょう。
また、収納スペースには3割程度の空きを常に作っておきましょう。
新しいものをいれるスペースがない場合は整理します。
収納の基本は定期的な整理整頓です。

□まとめ

収納の間取りは広ければ広いほどいいです。
しかし、生活導線などを工夫すれば、不必要な予算をカットできる可能性もあるので、一度確認してみましょう。
私たちは、高崎市を中心にお客様の理想の暮らしを実現する家づくりをご提案させていただいています。
まずはお気軽にご相談くださいませ。