間取りの決め方を注文住宅の業者がご紹介します!

注文住宅を購入しようと考えている方はいらっしゃいませんか。
中には、間取りをどうしようか迷われている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、注文住宅の間取りの決め方をご紹介します。

□間取りで失敗しないポイントとは

間取りで失敗しないポイントとして生活動線を考えることが挙げられます。
生活動線は日頃の生活イメージを具体的にシミュレーションして考えるのが良いでしょう。
例えば、玄関からすぐ近くにリビングを作って、できるだけ家族と目を合わす時間を作ると、自然に家族の仲も深まります。

同様に、洗濯する際の動線といった家事動線も考えることが重要です。
家事動線に関しては、毎日通るだけでなく負担も大きいため、動線が重なる際は家事動線を優先しましょう。

また、間取りを決める際には、土地の形状や方角、周辺の環境を把握しておくことが大切です。
例えば、人通りが多い道路に面している場合は、外部からの視線が入りにくい間取りにすると良いでしょう。
バルコニーを設置する際には、土地の方角を考慮に入れて、日当たりが良くなるように設計します。

□間取りの決め方とは

具体的に間取りを決めていくにはどのようにすれば良いのでしょうか。

まずは、自分たちの希望の条件を洗い出してみましょう。
注文住宅の購入は決して安い買い物ではないので、できるだけ希望を叶えた住宅に住みたいですよね。
自分の理想の生活を思い浮かべ、家族全員の意見を出してください。
意見を出す際は、「家事がしやすい家」といった抽象的なイメージでも構いませんし、具体的に住んでいるイメージが想像できるような意見を出しても良いでしょう。

意見が一通り出尽くしたら、次にその中で最も大切にしたい部分を考えましょう。
希望を全て叶えられたら理想ですが、なかなか予算内で全てを叶えるのは難しいでしょう。
出た意見に優先順位をつけて、妥協しても良いラインは譲れないラインを把握しておくと、設計士との打ち合わせで会議がスムーズに進みます。

事前準備ができたら、住宅会社に相談してみましょう。
住宅会社に相談すると、採光や風通しについてもプロに考えてもらい、いくつかの案を出してもらえます。
間取り図を見ながら、実際に暮らしやすいかを想像して間取りを決めていきます。

□まとめ

今回は、注文住宅の間取りの決め方をご紹介しました。
間取りは実用性を意識して、普段自分がどのような動線を辿るのか考えたうえで、決めると失敗する確率が減ります。
満足度の高い物件を購入できるよう、自分たちが譲れない条件はあらかじめ把握しておくことをおすすめします。