注文住宅を建てたい方へ!断熱材を選ぶときのポイントとは?

注文住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
中には、断熱材を注文住宅に使いたいと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、断熱材を選ぶときのポイントをご紹介します。

□断熱材の役割とは

断熱材とは、熱を遮断する建材のことで、住宅外部からの暑さや寒さの室内流入を防いでくれます。
つまり、夏の場合は外の暑い空気が部屋の中に入ってこないようにし、冬は部屋の暖かい空気を外に逃げにくくしてくれます。

断熱材と聞いて、温度を一定に保つ効果があることは予想していた方も多いでしょう。
しかし、それ以上に断熱材は重要な役割を担っており、住宅の寿命に貢献できます。
住宅の寿命は、快適な住環境が維持できなければ下がってしまいます。
そこで、快適な住環境を維持するために、地域環境や自然環境に応じた断熱材を使用しようすることで快適性が創出されます。

断熱材は、施工会社によって仕様が変わってくるので、断熱材の機能や種類にこだわりを持っている方は、サイトでどんな断熱材を扱っているのか確認しておきましょう。
近年では、断熱材の高性能化も進み、断熱性と気密性がともに高い素材が多数展開されています。

□断熱材を選ぶときのポイントとは

まず、断熱材はどこに施工するかが重要でしょう。
断熱材は壁以外の設置場所として、天井裏に設置する屋根断熱と床に設置する基礎断熱があります。
断熱材は、なるべく家全体を覆うように設置されているのが理想的だと言われています。

また、断熱材を使う場合は、誰が施工するのかを事前に確認しておきましょう。
日本で使用されている断熱材の素材は施工しやすいため、専門業者でない大工が設置する場合があります。

しかし、施工しやすいことが原因で、ムラができたり、隙間が空いたりといった事態になる可能性もあります。
よって、断熱材を使う場合は、専門の業者が施工しているか確認しておくのが良いでしょう。

断熱材を選ぶときは、厚さや長持ちする性能を意識してください。
断熱性能は厚さに比例するため、依頼する会社の断熱材の厚さは確認しておくと良いでしょう。
断熱材が長持ちするかどうかは気密性が長持ちするかで決まってきます。
20~30年経った後も、気密性が変わらない断熱材を選ぶことをおすすめします。

□まとめ

今回は、断熱材を選ぶときのポイントをご紹介しました。
断熱材に住宅の寿命を延ばす効果があることは知らなかったという方もいらっしゃるでしょう。
断熱材を使用するときは、今回の記事を参考にして選んでみてください。