注文住宅を検討中の方へ!メンテナンスすべきタイミングについてご紹介します

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
中にはメンテナンスってどのタイミングですればいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、注文住宅をメンテナンスすべきタイミングについてご紹介します。

□メンテナンスの重要性とは

家は建ててから、長い間住み続けていると、雨風や日々の積み重ねによって経年劣化が発生します。
劣化したまま放置しているとシロアリや雨漏り、骨組みの腐食といった事態に陥る危険があります。

劣化状況は激しくなればなるほど、修繕費用はかかります。
何年、何十年と快適に住み続けていくためにも、家を建ててからもメンテナンスをしっかり行っていきましょう。

実は、マンションと比べて一戸建ての住宅メンテナンス費が見落とされやすい傾向にあるのをご存知でしょうか。
マンションには、共用部分に対する購入後の管理費や修繕積立金等があるのに対して、一戸建ての場合はないので、忘れてしまうというのも理由の一つと考えられます。

ですが、一戸建ての住宅にもメンテナンスが必要であることにかわりはないので、どのタイミングでメンテナンスすればよいかを知っておくことは重要でしょう。
自然災害は予測できませんが、経年劣化で家の外壁や水回りの修理や取り換えがいつごろ必要になるかを予想して計画的に準備することは可能です。

□メンテナンスすべきタイミングとは

メンテナンスすべきタイミングを見分けるためには、時期別で劣化の状況を見ることが重要です。
まず、築5~10年の住宅では、早めのメンテナンスを行いましょう。

築5年の住宅だと比較的新しいから大丈夫だと思われている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、ちょっとした部分の破損や汚れだとしても放置しておくと、住まいの寿命が短くなる可能性があります。
浴室のドアや室内の壁などは特に汚れやすい箇所になるので、気になる場合は早めにメンテナンスを行ってください。

築10~15年の住宅では、トイレや浴室といった水回りのチェックをしておきましょう。
使用頻度の高い水回りは劣化が早く、湿気の多い場所でもあるため不具合が発生しやすいと言えます。
室内だけでなく、外壁や屋根材といった雨風にさらされている部分も確認しておくと、なお安心でしょう、

築15~20年になると、給排水管といった設備機器や空調機器も傷んでいることが多く、内装、外観ともに入れ替えを検討するのがこの時期です。
築20~30年の住宅では、入れ替わりが済んでいて、新しい時期を迎える段階と言えます。

□まとめ

今回は、注文住宅でメンテナンスすべきタイミングについてご紹介しました。
日頃の清掃を通したメンテナンスがいかに大切か理解して頂けたでしょうか。
放置しておくほど高額の修繕費がかかりますので、住宅を建てた後でも、住宅の状態は気にしておくことが大切です。