注文住宅ってどんな特徴があるの?メリットとデメリットをご紹介!

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅ってどんな良さがあるのか気になっている方もいらっしゃると思います。
今回は、注文住宅を建てるメリットとデメリットについてご紹介します。

□注文住宅のメリットとは

まず、設計の自由度が高いことが挙げられるでしょう。
建売住宅は間取りや仕様が決まっていて、すでに建築済の住宅のことですが、注文住宅はゼロから設計を始めるのが特徴です。
例えば、「家族全員でくつろげる広々としたリビングが欲しい」「落ち着いた雰囲気の内装にしたい」といった様々な希望を叶えられます。

また、自由度が高いため、こだわりたい箇所に費用をかけられるのも良さでしょう。

例えば、リビングの柱や床に大理石を用いたり、浴槽だけジャグジー付きの高級感漂う場所にしたりするといった形で、こだわりたい箇所に費用をかけられるため、自分の理想を叶えやすいです。

建築材料をできるだけ同じものに統一したり、シンプルな設備にしたり、壁を減らしたりと工夫することで建売住宅よりも費用が抑えられるでしょう。

他には、家の価値が下がりにくいこともメリットでしょう。
注文住宅の価格が下がりにくい理由としては、増改築がしやすいことと、住宅としての信頼性が高いことが挙げられます。

さらに、建築雑誌に取り上げられるような有名建築家の手によるものだと、価格はより下がりにくく、売却時も有利に働きます。

□注文住宅のデメリットとは

デメリットとしては、まず入居までの期間が長いことが挙げられます。

建売住宅は、契約してから即入居できるのに対し、注文住宅はゼロから設計するため、作るまでに何回か打ち合わせすることがあります。
初期面談から契約まで1~2か月かかることもあるため、完成も自ずと時間がかかります。

契約までに時間を要することから、土地の取得やそれに伴う費用の支払いなどの工程が複雑であることもデメリットの1つでしょう。
資金計画でやることが多すぎて、面倒くさいと感じる人もいるようです。

ゼロから設計することによって生じるデメリットもあります。
デメリットとしては、注文住宅は完成をイメージしづらいことや要望が増えていくため、予算オーバーになりやすいことが挙げられます。

パースを作ってもらえる場合は、それを見ながら自分が住んでいる姿をイメージすると良いでしょう。

また、予算オーバーを防ぐには、事前に譲れない条件は何かを考えておき、優先順位をつけて妥協するラインを決めておきましょう。

□まとめ

今回は注文住宅を建てるメリットとデメリットについてご紹介しました。
注文住宅は設計の自由度が高いことが魅力と言えるでしょう。
住宅にこだわりを持っている方は注文住宅を検討してみてはいかがでしょうか。