注文住宅の耐震性能ってどうなっているの?耐震住宅の良さとともに解説します

注文住宅をお考えの方で耐震性能を気にされている方はいらっしゃいませんか。
中には、どのくらいの耐震性能があれば安心なのか分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、注文住宅の耐震性能について詳しくご紹介します。

□耐震性能について

耐震性能は耐震等級という指標で測られています。
耐震等級とは、地震があった場合にどのくらい地震に耐えられるのかどうかを表す等級です。

耐震等級は3段階に分かれており、等級1は建築基準法で最低限守るべきだと定められた基準です。

等級1の強度と致しましては、震度6強から7相当の大地震でも、耐えられるでしょう。
等級2の場合は、等級1の1.25倍の規模の地震でも倒壊しない強度を持っており、等級3は等級1のおよそ1.5倍の強度を持っています。

土地や建物の構造によって守るべき水準が多少異なりますが、一般的な住宅であれば耐震等級1で問題ありません。

学校の校舎や避難所に指定されるような場所では、耐震等級2のレベルが求められます。
警察署や病院といった重要な施設はより高い耐久性が必要とされており、耐震等級3まで求められます。

しかし、いずれも目安であるため、より地震への安心感を高めたい場合は、耐震等級2や3の住宅を選ぶと良いでしょう。

□耐震住宅のメリットとは

ここまで耐震性能について紹介しました。
しかし、耐震住宅のメリットがわからなければ、設置する際に迷ってしまいますよね。
ここからは耐震住宅のメリットをいくつか紹介するので、参考にしてください。

耐震住宅のメリットと致しましては、やはり地震による被害を軽減できることでしょう。
地震に備える性能には、耐震性能以外にも免震や制震などがあります。
これらに関しては難しい部分があるため、より詳しく知りたい方は専門業者の方に相談することをおすすめします。

また、耐震住宅は建物の構造上、揺れを軽減できるため、住宅が強風や台風の影響を受けにくくなることもメリットとして挙げられます。

建物の構造上のメリットとしては設置制限がないのも魅力でしょう。
免震性能により住宅を地震から守る場合、地下室は設置できません。
しかし、耐震住宅であれば地下室の設置も自由に行えるため、地下室を必要としている場合は耐震住宅を選ぶと良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の耐震性能についてご紹介しました。
耐震性能の知識だけでなく、耐震住宅のメリットも知れたのではないでしょうか。
注文住宅で耐震のことで迷われていた方はぜひこの記事を参考にしてみてください。