注文住宅で何から始めるか分からない?打ち合わせで決めることを紹介します

注文住宅をご検討されている方の中で、受け渡しまでの流れを把握していて不安がない方はいらっしゃいますか。
おそらく、ほとんどの方が1つや2つは分からないことがあるでしょう。
そのような方に向けて、まず打ち合わせで決めることについて紹介します。

□打ち合わせでの決めること

注文住宅を購入することが決定したら、まずご自身の希望に合わせたマイホームを建築するために打ち合わせを行います。
その際に、どのような家にしたいかや大まかな希望を伝える必要があります。
しかし、具体的に何を伝えれば良いか分からない方は多いでしょう。
主に4つ伝えることがあるため、それらを見ていきましょう。

1つ目は、間取りについてです。
間取りを決めなければ、大まかなイメージもなかなか湧きません。
そのため、最初に決めることをおすすめします。
決定する際は、ハウスメーカーによって変更プランに該当する場合があるので、ハウスメーカーと相談しながら決めることをおすすめします。

2つ目は、カラーセレクトを決定することです。
ご自身の希望の家のイメージに合わせながら、じっくり考えましょう。
カラー変更ができる期間が設けられているため、焦って決める必要はありません。

3つ目は、各オプションについてです。
オプションは、追加費用がかかるため、予算と相談しながら決定すると良いでしょう。
魅力にひかれてどんどんオプションを追加すると、本当に必要なオプションが分からなくなるため、必要なものを見極めて決定しましょう。

4つ目は、生活導線を踏まえた電気関連のことです。
コンセントの位置や個数、エアコンの設置場所は非常に重要です。
大まかな家具の配置を決めて、実際の生活を思い浮かべながら場所や個数は検討していきましょう。

以上4つが注文住宅で決めることです。
これらを決める際には、大まかなイメージを持って決めると良いでしょう。
また、分からないことは業者の方と相談しながら決めていくことをおすすめします。

□打ち合わせの際の注意点

上記で紹介したことはもちろん伝えるべきことです。
その際に、気をつけなければならない注意点があるのでそれらについて紹介します。

まず、こだわりすぎには注意が必要です。
オプションについてでも紹介したように、ひかれたものを次々に家につけていけば費用もかさみます。
こだわりたいことの優先順位をあらかじめ決めておき、その他はこだわりすぎないようにしましょう。

また、打ち合わせの記録を取りましょう。
多少面倒に感じる方もいらっしゃると思いますが、後々トラブルになった際に役立ちます。
特に、打ち合わせの内容や資材の品番等は記録に残すことをおすすめします。
記録を残す際は、必ず許可を取ってから行いましょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の打ち合わせで決めることと注意点について紹介しました。
人生で何度も経験することがないマイホームの建築は、分からないことが多いでしょう。
その際は、当社にお気軽にご相談ください。