注文住宅でこだわりたい!階段について紹介します

皆さんは、マイホームを立てる際に何をこだわりますか。
キッチンやリビング、寝室等人によってこだわりたいポイントはさまざまでしょう。
その中でも、階段にこだわりを持ちたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回、種類が豊富でこだわりポイントが多い、注文住宅の階段について紹介します。

□階段の種類

皆さんの中で、階段を移動するためのものとお考えの方はいらっしゃいませんか。
しかし、型によって家の印象を変化させたり、家全体をおしゃれに見せたりする効果があります。
まず、階段の型を4つ紹介します。

1つ目は、直線階段です。
最もシンプルで、階を移動する際にまっすぐ歩くタイプのものです。
工期が最も短く、コストも抑えられるでしょう。
家の内観がスッキリした印象を与える効果があります。

2つ目は、らせん階段です。
らせん階段は、屋上に際に使用されることが多いでしょう。
注文住宅では使用されにくいですが、場所を取らずおしゃれな印象を与えてくれます。
コストは高いですが、他の部屋のペースを優先させたい場合には非常に適しているでしょう。

3つ目は、カネ折れ階段です。
階段の途中で踊り場を設けて直角に方向を変える階段です。
上階と下階の廊下の向きが合わない際には、廊下を繋げるために使用できるため、非常に便利です。

4つ目は、折り返し階段です。
U字型に折り返している階段で、下階部分の間取りが余分に必要です。
平面計画がシンプルな場合に、採用される傾向があります。

階段には、このように4つの種類があります。
それぞれの特徴を理解したうえで、選択されてはいかがでしょうか。

□階段のこだわりポイント

階段は、型だけで選ぶことはもったいないです。
機能性にも優れている階段が存在するため、それらについて紹介します。

階段下は、意外にも収納スペースとして活用できるでしょう。
しかも、キッチンや洗面所の収納と比べて、棚や背丈のあるものが収納できるため大容量の収納が可能です。

また、階段の色を変えてアクセントにする方法もあります。
階段をリビングの床と同じ色にする必要はありません。
足を置く段板や側面の踏込の色は変更できます。
色を少し変えればアクセントとなり、統一すれば落ち着いた印象になるでしょう。

さらに、乳児がいる方には特にこだわることをおすすめする、ベビーゲートの設置です。
乳児にとっては危険な階段での転倒事故を防ぐためには、必須の設備ではないでしょうか。
しかし、階段の位置や手すりの位置によっては設置が難しくなる場合があるため、あらかじめ施工会社と相談しておくことをおすすめします。

□まとめ

今回は、階段の種類とこだわりポイントについて紹介しました。
型や色によって与える印象はさまざまです。
また、階段をただの移動手段として捉えるのではなく、収納スペースとして活用する方法もあります。
当社では、お客様の悩みに真摯にお答えしておりますので、ぜひご相談ください。