仮契約はお済みですか?注文住宅を購入する前に知っておきたいことを紹介します

注文住宅を購入される方で、注文住宅に関する不安をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
おそらく、人生の中で最も大きな買い物であるため、お悩みの方は多いでしょう。
そのような方に、本契約前に行う仮契約について知っておきたいことを紹介します。

□注文住宅の仮契約とは

皆さんは、注文住宅での仮契約とは何かご存じでしょうか。
仮契約は本契約前に行う、購入を決めた意思表示に近いものです。
そのため、慎重に行うことをお勧めします。
注文住宅の基礎知識として、ご購入を検討している方はぜひ知っておきましょう。

仮契約とは、間取りや見積もりのプランをハウスメーカーに提供してもらうようなものです。
会社によっては申し込みと呼ぶこともあります。
仮契約の内容は、費用のことやキャンセルについて記載されているため、書面にてよく確認する必要があるでしょう。

□仮契約における注意点

仮契約をする前に、気をつけておきたいことがあります。
これらを知っておかないと、後から損をする可能性があります。
損をしないためにも、しっかり理解しておきましょう。

まず、プレゼントで誘う仮契約に注意しましょう。
仮契約を行わなかった場合は、間取りや見積もりのプランを提示しない会社があります。
また、本日中の仮契約でプレゼントがあるとうたっている際にも注意が必要です。
プレゼントで勧誘したり、プランを仮契約の際に提示しなかったりするハウスメーカーには要注意です。

次に、キャンセルした場合にもお金が請求されることを頭に入れておきましょう。
リスクを避けるため、支払った金額が返金されるかは、あらかじめ確認しておく必要があります。
また、仮契約の際に支払う金額にも注意しましょう。
約10万円が妥当であるため、それ以上の場合は検討が必要です。

さらに、住宅ローンを利用される方は事前に審査に申請しておきましょう。
融資の審査で不合格になれば、資金不足が原因で話が進まない場合があります。
せっかく進めていた話がなくなることは非常に残念ですね。
そうならないために、事前に申請を行っておくことが大切です。

このように、仮契約を結ぶ際にも注意点があります。
注意点を理解して、トラブルに巻き込まれないようにしましょう。

□まとめ

今回、注文住宅の仮契約について説明しました。
購入を検討されている方の不安要素の1つは解消できたでしょうか。
当社では、ホームページにてご相談を受け付けております。
ぜひ、当社にご相談ください。