注文住宅を建てた先輩から学ぶ!付けて良かったオプションとは?

オプションを付けたいが、どのようなオプションが良いか分からない方はいらっしゃいませんか。
そのような方に向けて、実際に注文住宅を建てた経験のある方が付けて良かったと感じているオプションを紹介します。

□オプションについて

皆さんは、オプションにどのような種類があるかご存じでしょうか。
注意点とともに、オプションについて紹介します。

そもそもオプションとは何でしょうか。
オプションでは、設備を設置することや内装の仕上げ方を変更できます。
デザイン性や機能性を向上するために行う方が多いでしょう。

注文住宅を建てる際に気をつけたいことが、外構工事もオプションに該当する場合があることです。
庭や駐車場、門扉等の外構工事はオプションとして扱われる場合があり、その場合は追加で費用が発生するため注意が必要でしょう。

□付けて良かったオプションは収納だった

オプションで何をつければ良いか迷っている方は、収納にこだわってみてはいかがでしょうか。
物が増えた際にも「スマートに収納できるスペースがあれば役立つ」と感じる方は多いです。
付けて良かったオプションとして、収納のアイデアを5つ解説します。

1つ目は、玄関収納です。
家族の人数分は靴が必要です。
さらに、女性は靴を多く持っている方が多いでしょう。
玄関には、靴を収納できる場所に加えて傘を置ける場所を設けることもおすすめです。

2つ目は、動線に従った収納を設けることです。
例えば、帰宅後にすぐに上着をかけたい方は玄関にクロークを設置すると良いでしょう。
また、タオルの収納を脱衣所に設けることでお風呂に上がった際にすぐにタオルを取れます。
このように、ご自身のライフスタイルに合わせた収納を設置すれば便利でしょう。

3つ目は、キッチン収納です。
特に鍋や食器を収納するための場所をあらかじめ考えておくことをおすすめします。
また、収納する際に高さを変えられる可変式の棚や、引き出し等可動式を利用することで、キッチンでも動きやすく、効率的にスペースを活用できるでしょう。

4つ目は、壁面収納です。
例えば、ダイニングとの間仕切りの壁に壁面収納を設ければ、リビング側から見えない収納が可能です。
また、趣味の本やCD、観葉植物を置くことで、見せる収納としても活用できるでしょう。

5つ目は、中二階の間取りを設置することです。
大型収納が欲しい方には必見の構造が中二階です。
はしごで上り下りする必要もなく、床下のように湿気の心配もありません。
天井が低く、設置する階の床面積が半分未満であれば、床面積に算入しなくて良い場合も多いので、中二階と普通の部屋を比べた際のメリットともいえるでしょう。

□まとめ

今回、注文住宅のオプションについて紹介しました。
注文住宅でオプションをつけることをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
当社では、お客様の希望に合わせたオプションを提供いたしますので、ぜひご相談ください。