お得に購入したい!注文住宅を購入する際は税金対策をしましょう

皆さんは、注文住宅を購入する際にかかる税金についてご存じでしょうか。
税金と聞いて難しいイメージをお持ちの方も多いでしょう。
注文住宅を購入する際に税金が追加で発生し、予算を越えてしまった経験をお持ちの方もいらっしゃいます。
税金について理解し、税金対策を行って予算を大幅に超えないようにしましょう。

□住宅にかかる税金の種類

たかが税金と、税金の存在を侮っている方はいらっしゃいませんか。
そのような方は、非常に危険です。
住宅にかかる税金は1種類のみではなく数種類あるためそれらを解説します。

住宅にかかる税金として、印紙税や登録免許税、不動産取得税、消費税があるでしょう。
印紙税とは、売買契約やローンの契約を結ぶ印紙に対して支払う税金です。
印紙税は、契約書の記載額によって異なり1000万円から5000万円では約1万円が必要です。
契約書に記載されている金額によって税額が異なるため、注意してください。

また、登録免許とは。土地の登記にかかる税金です。
固定資産税評価額の2パーセントを支払う必要があります。

そして、不動産取得税は不移動産を取得した際にかかる地方税です。
固定資産税評価額の半分に3パーセントを乗じた金額を支払う必要があるでしょう。

さらに、上記に加えて、消費税も支払う必要があります。
購入の際にはこれらのみで良いですが、購入後にも土地と建物に対して支払う固定資産税や都市契約税があります。
想像以上に税金を支払う必要があることに、驚かれている方も多いのではないでしょうか。

□減税の方法

以上の税金は、工夫すれば減税できます。
減税できる方法をカテゴリーごとに紹介するので、それらを参考に税金対策をされてはいかがでしょうか。

不動産に支払わなければならない税金の中でも、中には軽減が可能な税金があります。
2つあるため紹介します。

1つ目は、不動産取得税です。
住宅の種類によって控除額は変動し、一般住宅では課税標準から1200万円控除されます。
不動産購入者全員が対象なため、税金対策を試みてはいかがでしょうか。

2つ目は、登録免許税です。
土地の売買による所有権の移転登記を行った場合に0.5パーセント控除されます。
建物の場合は、保存登記や移転登記によって控除額は異なります。
床面積が50平米以上で取得後1年以内の登記のみが対象になるため、早めに手続きを済ませましょう。

□まとめ

このように、税金の知識がない場合と少しでも税金について知っている場合では支払う税金の額が異なります。
皆さんは、税金で予算をオーバーしたくないですよね。
ぜひ、記事を参考に税金対策されてはいかがでしょうか。