注文住宅を購入の際に費用を抑える方法を紹介します

注文住宅を建てたいが、予算の決め方がわからない方はいらっしゃいませんか。 
そのような方に、予算の決め方について解説します。
また、注文住宅を購入する際に予算オーバーとなった際の対処方法をご紹介します。
ぜひ、予算を決定する際にご活用ください。

□予算の決め方

注文住宅の購入を決定された方は、まず予算を決められる方が多いのではないでしょうか。
予算を決定する際は、資金計画を立ててから始めます。
予算の決め方のポイントについてお話しします。

まず、注文住宅を立てる際に必要な費用の内訳を理解する必要があるでしょう。
1つ目は、予算の約70パーセントを占める、建物本体の値段です。
2つ目は、予算の約15から20パーセントを占める付帯工事費です。
3つ目は、予算の約5から10パーセントを占める諸費用です。

資金計画を立てる際は、住宅ローンを滞りなく払い続けられることが重要でしょう。
ご自身の年収や資産を参考に、予算を決定しましょう。

その際に、ご自身の希望を全て叶えようとして資金計画を無視した場合は、返済の時の後悔してしまうかもしれません。
失敗しないためには、頭金を多めに支払い後々の返済で苦しまないようにすることや予算計画をきっちり守ることをお勧めします。
また、引越しにかかる費用や住み始めてかかる費用についても頭に入れておくことで、どのくらいの金額が相応であるか見極めましょう。

□予算に合わせるための方法

予算の立て方は、お分かりいただけたでしょう。
しかし、理想の家を建てたいという気持ちから、見積もりの際に少し予算がオーバーした方はいらっしゃいませんか。
予算の範囲内に抑える工夫を3つ紹介するので、参考にしてください。

1つ目は、家の形や間取りはシンプルにすることです。
費用を希望の範囲内の予算でとどめるには、シンプルな形をおすすめします。
凹凸がない家は、基礎や外壁、屋根の施工が簡単なため、材料費や人件費を浮かせられます。
また、水回りも工事に手間がかかるため1カ所にまとめておくと良いでしょう。

2つ目は、部屋の広さを考え、間取りを工夫することです。
スペースを区切らないことで広く見せられる効果があります。
区切りを1つ減らすことで、予算オーバーを解消できる場合があります。
個人的なスペースがほしい部屋のみを区切り、他はカーテン等で区切る等の工夫をしましょう。

3つ目は、建材の品質や設備の必要性を何度も確認することです。
「自分たちにとって本当に必要なものは何か」を考え、本当に必要であると思った設備を設置しましょう。
また、床暖房やトイレの2個付は、住む際に光熱費や水道代がかかるためそれらを検討したうえで、設置することをおすすめします。

以上3つが、予算内で理想の注文住宅を建てるための方法です。
これらを参考に、デザインや間取りを考え直してみてはいかがでしょうか。

□まとめ

今回、注文住宅の予算の決め方と予算オーバーを解消する方法を解説しました。
工夫すれば予算内に理想の住宅を作ることも難しくありません。
当社では、お客様と相談しながら共に家を築きあげます。
費用のことで不安な方は、ぜひ当社と相談しながら理想の家を建設しましょう。