注文住宅で窓の位置を決める際のポイントをご紹介します!

注文住宅をお考えの方で、間取りの考え方が分からないという方はいらっしゃいませんか。
今回は、間取りの中でも窓についてお話ししていきたいと思います。
窓は種類も多く、配置する場所によって見え方が異なるのですが、間取りを考える際に見落としがちな部分でもあります。
そこで、窓の位置を決めるポイントをご紹介します。

 

□窓の位置による失敗

まず挙げられる失敗として、1つの部屋に窓の数が多く、家具の置き場所がないということがあります。
家具は窓際に設置することが多いため、窓が多いと配置が難しくなります。
窓が隠れるように家具を置いたとしても、お掃除がしにくく埃もたまるため、あまりおすすめできません。

また、窓の数が多いと屋外の温度の影響を受けやすくなり、夏は暑く、冬は寒くなってしまいます。
このように、開放感を得るために多くの窓を設置してしまうと、思わぬデメリットがあるため、注意してください。

他には、窓を設置しても十分な明るさを得られず、意味のない窓になってしまうこともあります。
窓の位置や方位によって、日当たりの良さは変わりますし、隣地との距離や外壁の色でも、窓から入る光の量は違います。
室内の広さや内装の色によっても、明るさの感じ方は変わってくるので、そのあたりを考慮に入れながら、窓の位置を考える必要があります。

 

□窓の位置を決めるポイント

窓の位置を決める際には、まず自宅の周辺環境を調べておきましょう。
窓の位置によっては外の道路から室内が丸見えになることや、隣家と窓の位置がかぶってお互いのプライバシーを侵害する可能性もあります。
自宅のプライバシーを守るためにも、周辺環境に合わせた間取りの設計を行いましょう。

また、窓の位置は窓の種類やサイズ感に合わせて決めていくのが良いでしょう。
例えば、掃き出し窓と呼ばれる、人が出入りできるほどの大きさの窓であれば、サイズが大きい分セキュリティ面に注意する必要があります。
さらに、引違い窓や外開きの窓を配置する場合は、目線の高さに合わせることが大切です。
加えて、目線の高さだけでなく、視線の先に景色が見えるかどうか、風通しがよくなる配置かどうか確認しながら位置を決められると、明るく快適な環境が作れるでしょう。

 

□まとめ

今回は、窓の位置を決めるポイントをご紹介しました。
窓の位置を考える際は、周辺環境を調べたうえでプライバシーが確保される位置に窓を設置することが大切です。
また、窓のサイズや種類に合わせて、見せ方を工夫すればおしゃれな空間を作れるでしょう。