子供部屋をつくる際のポイントとは?注文住宅の業者が解説します!

注文住宅をお考えの方で、子供部屋をどう作ればよいか分からないという方はいらっしゃいませんか。
そこで今回は、子供部屋を作る際のポイントをご紹介します。

 

□子供部屋を作る際のポイント

子供部屋を作る際はまず目的を整理しましょう。
勉強や睡眠、遊びなど子供部屋の用途はいくつか挙げられますが、勉強はリビングの方が集中できるという方もいらっしゃいます。
子供部屋の役割を先に考えておくことで、子供部屋を作る際の広さや配置などの検討がついてくるでしょう。

次に、将来を考えた可変式の子供部屋を設計することがポイントになります。
可変式の子供部屋の作り方としてまず挙げられるのが、間仕切りを作れるようにすることです。
子供が複数人いる家庭であれば、最初は複数人が1つの部屋を使っていても問題はないのかもしれませんが、思春期を迎えると1人1人別々の部屋が必要になってくる場合があります。
こんな時のためにあらかじめ間仕切りできるように梁を作っておけば、子供が小さい頃は1つの部屋にしておき、プライベートな空間が必要になった際は間仕切りを活用すればプライバシーを確保できるでしょう。

また、学習机も使うと思って買ったけれど、実はあまり子供が使ってくれなかったというケースもあります。
そんなときは、造り付けの机を活用すると良いでしょう。
造り付けの机は、学習机を設置するよりも部屋を広く使えるだけでなく、机の脚がないため掃除が楽といったメリットもあります。

 

□子供部屋の配置

子供部屋の配置を考える際に意識すべきポイントは、コミュニケーションや音環境です。

子供部屋を作る際は、子供とのコミュニケーションが取れるように工夫する必要があるでしょう。
子供は思春期を迎えると、玄関から直接自身の部屋に行き、親とあまり会話しなくなる場合があります。
もし、玄関の近くに子供部屋があれば、家族とのコミュニケーションが減ってしまいあまり良くありません。
そのため、帰宅してから子供部屋に行くまでに親とコミュニケーションできるように動線を考えて配置を決めましょう。

また、音環境も勉強を自分の部屋でやりたい方にとっては非常に重要です。
静かな環境づくりをするには、リビングから離れたところに配置したり、トイレやキッチンなどの水回り設備を避けて配置したりすると良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、子供部屋を作る際のポイントをご紹介しました。
子供部屋を作る際は、目的を明確にしたうえで、将来のことを考えた設計が大切です。
また、子供部屋を配置する際は、なるべく玄関からすぐの場所は避け親とコミュニケーションが取れる設計を意識しましょう。