注文住宅で吹き抜けの失敗を避ける方法とは?デメリットとともにご紹介します!

注文住宅をお考えの方で吹き抜けを作ろうか迷われている方はいらっしゃいませんか。
吹き抜けを作る際は、事前に吹き抜けの失敗を知ったうえで決断した方が良いでしょう。
そこで今回は、吹き抜けの失敗とその対策方法をご紹介します。

 

□吹き抜けの失敗

吹き抜けの失敗は吹き抜けのデメリットに気づかず設置したケースが多いと言われています。
吹き抜けのデメリットとしてまず挙げられるのは、冷暖房の効率が下がりやすいということです。
吹き抜けは本来設けるはずだった天井を作らず下の階と上の階がつながるように設計されているので、1部屋あたりの体積が増え、結果的に冷暖房の効率は下がります。
さらに、暖かい空気は高いところに上がっていくので、冬場の場合は特に部屋が温まるのに時間がかかるでしょう。

次に、2階のスペースが狭くなるというデメリットがあります。
吹き抜けは2階に本来作るはずであった部屋の部分を吹き抜けにするので、必然的に2階のスペースが狭くなります。
家族の人数が多い場合や、2階にたくさん部屋を作りたい方には、吹き抜けはあまりおすすめできません。

他には、音が2階に聞こえやすいというデメリットもあります。
吹き抜けは、下の階と上の階がつながってしまうため、音が響きやすくなります。
音が響きやすい分、より部屋の間取りが重要になっていきます。
例えば、できるだけ物音が聞こえたくない寝室などは、吹き抜けから離れた場所に配置すると良いでしょう。

このように、一見おしゃれに見える吹き抜けですが、デメリットもありますので、自分が本当に吹き抜けを必要としているかしっかり考えていただいてから決断されると失敗しにくいでしょう。

 

□失敗を避けるための対策

先ほど、吹き抜けのデメリットをお伝えしてきましたが、中には素材や設備を整えるだけである程度軽減できる場合もあります。
例えば冷暖房の効率は、空気の流れを変えることで、ある程度部屋全体に空調が行き渡ります。
空気の流れを変えるには、天井にシーリングファンなどをつけて、空気を循環させると良いでしょう。

また、寒さを抑える方法としては、床暖房を設置するという方法もあります。
床暖房は、足元から温めてくれるため、吹き抜けととても相性が良いでしょう。
他に、音が聞こえやすいという点に関しては、防音対策として遮音カーテンを付けることをおすすめします。
遮音カーテンであれば、音はもちろんのこと、空気の流れも遮ってくれるため、暖かい空気が上に行きにくくなり、寒さ対策としても効果的です。

 

□まとめ

今回は、吹き抜けの失敗とその対策方法をご紹介しました。
吹き抜けは、開放感がある一方、寒さ対策や防音対策をしておかないと失敗したと感じやすくなります。
吹き抜けを作ろうか迷われている方は、まず吹き抜けのデメリットをしっかりと把握していただき、対策を考えておきましょう。