注文住宅をお考えの方にキッチンにおける動線の考え方をご紹介します!

注文住宅をお考えの方で、キッチンの間取りの考え方が分からないという方はいらっしゃいませんか。
キッチンの間取りを考える際に大切なことは、動線を意識することです。
しかし、どんな動線を確保すればいいのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、キッチンにおける動線の考え方をご紹介します。

 

□家事動線の考え方

キッチンの動線を考える際は、家事動線を意識すると良いでしょう。
家事動線とは、名前の通り、家事をする際に移動する経路のことです。
料理や洗濯、掃除などの家事は毎日することが多く、注文住宅を購入する際はできるだけ家事の負担を軽減できるような設計が重要になります。
そのためには、無駄のない家事動線を考える必要があり、キッチンや洗面室、ベランダなどの家事を行うスペースをなるべく近い場所に設置することがポイントです。

例として、キッチンや洗面所、ベランダなどが1つのフロアに密集していると、移動にかかる時間を抑えられますし、回遊動線のように一回りで家事の全てを行える作りになっているとより作業効率がアップするでしょう。
家事に使う時間を減らせれば、子育てや自分のために使える時間も増えるので、キッチンの間取りを考える際は、ぜひ家事動線を考えてみてください。

 

□動線で意識すべきポイント

基本的にキッチンの動線は短めにしておくことが重要になります。
動線が長すぎると、作業しにくいキッチンになってしまい、不便に感じる場合がよくあります。
キッチンにはたくさんの形があり、その形によって動線も変わってきます。
例えば、I型のキッチンであれば、動線が横一直線になるため動線が長くなりやすく、移動距離が増えるでしょう。

このように、動線を意識することで自分たちに合ったキッチンを選択できるでしょう。
また、キッチンでは家事動線も大切ですが、生活動線も忘れてはいけません。
キッチンを使用するのは、主婦の方だけではありません。
子供が急に料理したいと言い出す可能性もありますし、複数人で料理する場合も考えられます。

この時、主婦の方に合わせてキッチンの間取りを考えていれば、複数人でキッチンを利用すると通路が狭くて、料理しにくいという問題が発生する場合もあります。
キッチンの間取りを考える際は、家族全体の生活動線を考慮したうえで決めるのが良いでしょう。

 

□まとめ

今回は、キッチンにおける動線の考え方をご紹介しました。
キッチンで動線を考える際は、できるだけ動線を短く、そして家事動線を意識した間取りの設計を行いましょう。
注文住宅でお悩みの際はお気軽に当社までご相談ください。