注文住宅をお考えの方必見!打ち合わせのコツをご紹介します!

注文住宅をお考えの方で、打ち合わせをできるだけスムーズ進めたいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
打ち合わせを順調に進めるにはいくつかのコツがあります。
そこで今回は、注文住宅をお考えの方に打ち合わせのコツをご紹介します。

 

□打ち合わせのコツ

打ち合わせをスムーズに進めるために最も大切なことは、事前に準備しておくことです。
打ち合わせが長引く理由としては、自分たちが納得できる状態での購入がなかなかできないからでしょう。
打ち合わせは、自分と業者の意見のすり合わせを行うために設けられているので、事前に自分が家を購入するのにかけられる予算やどんな家が欲しいかの要望ぐらいは考えておきましょう。

次は打ち合わせの段階でのコツについてですが、初回は相手から話させるよう心がけましょう。
いきなり自分の希望を全て伝えてしまうと、相手はその希望に合わせてプランを練ってくれます。
しかし、自分の要望が必ずしも相手の業者側が得意としていることではありません。

相手の業者があまり得意としていないことでも、相手は仕事なので全力でアピールしてきます。
よって、最初は相手の業者の得意分野や自分の要望を実際に実現してくれている実績があるかをこちら側から尋ねましょう。

 

□打ち合わせの注意点

打ち合わせで一番時間のかかる部分は間取りです。
間取りが決まらないと始まらない部分もたくさんありますし、自分と業者のイメージを合わせるのに時間がかかります。
事前に間取りの仕様をある程度考えられている方でも1か月ほどはかかりますし、間取りに大きなこだわりを持っている方であれば数か月かかることを視野に入れてスケジュールを組む必要があります。

また、住宅ローンの仮審査は早めに終わらせておきましょう。
ほとんどの方は、自分の現状の資産だけではお金が足りないため、住宅ローンを借りることになるかと思います。
このとき、業者との打ち合わせが終わった後に、住宅ローンの申請を行い、もし断られてしまったら困るのは自分です。
業者側も打ち合わせ段階で、仮審査が終わっていると安心できますし、お互いにとってメリットとなるので、できるだけ早めに申請しましょう。

 

□まとめ

今回は、注文住宅をお考えの方に打ち合わせのコツをご紹介しました。
打ち合わせをスムーズに進めるためには、予算や要望などの事前準備が大切になります。
打ち合わせが少なければ、住宅購入までのスケジュールも短くなり、お互いにとってメリットでしょう。
注文住宅でお困りの際はお気軽に当社までご相談ください。