注文住宅が完成するまでにどれくらいの期間がかかる?流れと合わせて解説します!

「新築を建てる際は、どれくらいの期間がかかるの」
「新築の資金計画を組み立てる方法を知りたい」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
今回は、注文住宅が完成するまでに要する期間や流れ、資金計画について解説します。

□注文住宅が完成するまでの流れと期間についてご紹介!

新築の家が建つまでに8ヶ月から15ヶ月程度の期間を要するのが一般的と言われています。
新築は、土地探しから住宅プラン全てを自分たちで決定できる反面、情報収集や土地探しから住宅のプラン作成にも時間がかかります。
それでは、具体的に情報収集から新築の完成までどのような流れなのか確認していきましょう。
まず新築を建てたいと思ったら、はじめに情報収集やハウスメーカー選びを始めます。
この工程には、およそ1ヶ月から4ヶ月の期間を要すると言われています。
どんな家を建てたいか、どの地域に住みたいか、どんな快適暮らしをしたいかなど具体的なイメージをしてみると良いかもしれません。
住宅情報誌や、インターネットでチェックしたり、実際に住宅展示常に足を運んでみたりしてみましょう。
ハウスメーカーを絞れたら、次にプランや土地の購入、契約、住宅ローンの申し込みを行います。
この工程におよそ3ヶ月から6ヶ月の期間を要すると言われています。
この工程では、重要な書類の扱いや、大切な契約など注意深く行うものが多いでしょう。
慎重にプランや契約を確認しながら、進めていくことが大切です。
契約や細かい打ち合わせを済ませたら、建築工事が行われます。
工事期間は3ヶ月から10ヶ月ほどかかると言われています。
工事が始まる前に、近隣の方へ挨拶を忘れないようにしましょう。
なぜなら、騒音や人の出入りの多さで迷惑をかけるため、トラブルへと発展することもあるからです。
工事が無事終了したら、完成検査で不具合がないかどうか調査します。
特に問題がなければ、引き渡しと住宅ローンの手続きが行われます。
完成や引き渡しには、約1ヶ月程度かかるので、時間に余裕を持って進めていきましょう。

□注文住宅をスムーズに進めるためには資金計画が重要?

次に資金計画に必要なステップを解説します。
ます家づくりにかかる費用の内訳について知ることです。
何にどれくらいの費用がかかるのか理解することから始めます。
忘れがちな工事費用以外の費用に注意しましょう。
20年から30年先のライフプランを考えます。
資金計画を立てる際は、出産や子どもの進学や退職などのライフイベントなどの出費を考慮して、住宅ローンの支払いにどれくらい使えるのか見通しておくこと良いかもしれません。
ライフプランを考えたら、毎月の返済可能額を確認しましょう。
現在の家賃や収入から判断して、毎月安心して払える金額を決めます。
返済額をギリギリ払える金額にするのは危険ですので、おすすめしません。
最後にある程度予算が決まれば、予算内で可能な理想の暮らしについて家族で話し合いましょう。

□まとめ

注文住宅が完成するまでに要する期間や流れ、資金計画について解説しました。
新築が建つまでの全体の流れを理解できると幸いです。
完成までの流れのイメージができていると、計画がスムーズに進みやすいかもしれません。