注文住宅において庭の必要性とは?その魅力をご紹介します!

新しいお家をお考えの方で、庭づくりに興味ある方はいらっしゃいませんか。
庭を作って、自宅の時間を楽しみたいという方が増えてきています。
そこで今回は、注文住宅においての庭づくりについて解説します。

□庭の必要性とは?

庭を作るとどんな良いことがあるのでしょうか。
まず敷地にスペースができることで、日当たりや換気、見晴らしが変わります。
庭があると家の周囲に余裕ができます。
十分な空間があると、日当たりや風通しが良くなるでしょう。
次にガーデニングを楽しめるのも魅力の1つですね。
趣味で園芸を楽しむ方には、季節の花々や樹木の変化を楽しみ、育てる喜びが生まれます。
またご自身でお手入れした草木や盆栽など、オリジナルの素敵なアプローチを演出できることも大きな魅力でしょう。
園芸だけでなく、自分で野菜を育てて、お子さんと一緒に野菜を食べて楽しむ家庭菜園もできるかもしれません。
最近では、様々な栽培方法で家庭菜園は楽しまれています。
また老後の趣味に始める方も多く、幅広い世代に親しまれています。
家庭菜園をする場合、芝生を敷くといった施工は必要ありませんが、土壌改良のために改良剤を土に混ぜ、深さを20センチメートル以上掘り返しましょう。
家庭菜園を楽しむ以外にも、子どもの遊び場になったり、ホームパーティーやバーベキューをしたり、ペットと遊ぶことも可能です。
庭があることで、おうち時間がより充実できますね。

□庭づくりのポイントをご紹介!

では、実際に庭づくりをする場合は、どのような点に気をつけたら良いでしょうか。
次は、庭づくりのポイントをいくつかご紹介します。

1つ目は、地面です。
地面は、部屋から見える庭のイメージを大きく左右するかもしれません。
「どのようなお庭にしたいか」とよくイメージしてから決めましょう。
地面がどのようにするかで、庭のイメージや管理方法は大きく変わってきます。
土や砂利、芝生、木、レンガ、庭石などを使って庭全体のバランスを図ると、個性のある庭になるでしょう。

2つ目は、動線と配置です。
庭には、いろいろな役割を持っていますが、庭づくりの際に重要なのは、人が歩く場所となる動線です。
玄関から道路へ、玄関から駐車場へ、正面玄関から裏口の玄関へと庭の中でも人がどのように歩くか考えることで、心地よさを感じる庭づくりができます。
芝生の庭であれば、道の部分だけ砂利を敷いたり、飛び石を埋め込んでみたりするのも良いでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅においての庭づくりについて解説しました。
庭を作ると、おうち時間がより充実するので、家族との交流が増えるかもしれません。
快適な暮らしのために庭づくりを検討してみてはいかがでしょうか。