人気が増えている無垢材を使った注文住宅について解説します!

近年、環境問題がよく取り上げられるようになりました。
そのため、新築を建てる際に環境に優しい自然素材を利用したいという方が増えています。
そこで今回は、自然素材の中でも人気のある無垢材について解説します。

□無垢材の魅力とは?

そもそも無垢材とは、合板や集成材ではなく、使用する形状で丸太から切り出した木材のことを言います。
割れやヒビなどが入りやすいですが、天然本来の風合いを持ちます。
この無垢材が、なぜ注目されるほど人気なのでしょうか。
その要因を理解するために、無垢材の魅力をいくつか見ていきましょう。
まず1つの魅力として温度湿度の自動調整機能を持っていることです。
日本には四季があり、季節によって気候が大きく変わります。
無垢材は、湿気の多い梅雨時に湿気を吸い取り、空気が乾燥して静電気の起こりやすい冬は、加湿の機能をしてくれる特徴があります。
高温多湿な夏と乾燥が激しい冬と乗り切るには、無垢材で建てた家が良いかもしれません。

2つ目の魅力は、体にやさしい素材であることです。
合板のように接着剤を使った加工をしないので、シックハウス症候群の心配がほとんどないと言われています。
またヒノキやヒバに含まれている精油成分には殺菌力があるため、カビやダニなどに強く、アレルギーをお持ちの方でも安心して生活ができるでしょう。

3つ目の魅力は、心にもやさしいところです。
一本の木をまるまる活かした無垢材は、自然そのままの色合いや風合いが美しく、人の心に良い影響を与えてくれると言われています。
体の五感で感じる無垢材の温かみは、疲れたこころを癒してくれます。
また無垢材は、経年劣化とともに心地良い空間を演出してくれるため、飽きずに楽しめられるでしょう。

□無垢材の種類をご紹介!

上記では、自然素材の無垢材の魅力をご紹介しました。
次は、無垢材には、どのような種類があるか見ていきましょう。
まず代表的な樹木として、1点目はオークが挙げられます。
耐久性に優れていることから、フローリングによく使われることが多いです。
木目が美しく、明るい色合いをしている点が特徴と言えるでしょう。

2点目は、よく耳にするスギです。
スギは、保温性に優れており、軽くて柔らかいという特徴があります。
肌触りが良く、見た目も美しいので内装の建材として利用されることが多いです。
暮らしの中でスギの肌触りを感じられる生活を求めている方も多いことでしょう。

3点目は、ヒノキです。
ヒノキは日本を代表する高級材として聞いたことがある方もいるのではないでしょうか。
木の香りが高く、リラックス効果やストレスを軽減する効果にも期待できると言われています。
それだけでなく、水にも強く、耐久性にも優れているため、人気が高いです。
上記以外にも、強度や衝撃に強いパーチや明るい雰囲気を出したい方におすすめなメープルなどの建材もあります。

□まとめ

今回は、注文住宅でよく使われる無垢材について解説しました。
持続的に快適な暮らしをするために環境に優しく、耐久性もあり、心地の良い無垢材を検討してみてはいかがでしょうか。
この記事を通して少しでも無垢材の魅力が伝わってくれると幸いです。