注文住宅において動線の間取りが重要!気をつけたいポイントを解説します!

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
新しいお家を検討する際に、大事となるのが動線の間取りです。
デザインを重視しすぎて、暮らしにくいという事例をよく聞きます。
今回は、動線の間取りについて解説します。

□家事動線の間取りで気をつけたいポイントをご紹介!

新しいお家を建てるとなると、家の雰囲気やデザインを新しい家具の配置などの理想が膨らんでいきます。
理想の暮らしを考えると、ワクワクしますよね。
しかし、間取りを考える際に重要なのは、動線を考慮することです。
動線といっても、最も意識したいのが家事動線でしょう。
家事動線とは、料理や掃除、洗濯、片付けなどの家事を行うために、どの部屋をどのように通過する必要があるのかを表すものです。
この家事動線が短いほど、家事がスムーズに行えると言われています。
そのため、忘れがちですが家事動線を意識して間取りを考えることが大切でしょう。
実際に家事動線を考える際は、普段家事をするときにどのような動きをするかイメージして動きを整理します。
例えば、食事を作るときに冷蔵庫やシンク、調理代、コンロをよく利用する場合、少ない歩数で全てが行き届く場所にあると楽ですよね。
効率よく料理するためには、横に直線ではなく、三角形を描くように意識した動線にしてみましょう。
家事動線といえば、キッチンからトイレ、バスルーム、洗面台の水回りも挙げられます。
小さなお子さんがトイレやバスルームを利用していると、キッチンで家事をしながらでも気になりますよね。
小さなお子さんがすぐ目につくように水回りを集約しておくと良いかもしれません。
集約すると、家事動線がコンパクトになり、洗濯機を回しながら調理をすることも可能でしょう。

□家事以外にも気をつけたい動線とは?

家事動線以外にも新築を建てる際に気をつけたい動線を見ていきましょう。
まず1つ目は、通勤動線です。
会社へ行くお父さん、学校へ行くお子さん、子供を保育園に送り届けるお母さんなどの家庭の朝は、忙しくなることが想像できます。
このような場合、毎朝よくお家の中で渋滞が起こります。
朝の混雑を防ぐために、通路を広くしてお互いがすれ違いできるようにしたり、複数人が同時に洗面台を使う場合は、洗面台を鏡は横に広くしてドライヤーやヒゲ剃りなどを同時に使えるようにしたりすると良いかもしれません。

2つ目は、衛生動線です。
衛生動線とは、トイレやバスルームへ移動する線のことを言います。
トイレの音が漏れていたり、お客さんがきているときに、バスルームを使っている人と遭遇してしまったりすると気まずくなります。
そのようなことを避けるためにも、トイレとバスルームの間取りについて家族が納得するまで考えてみましょう。

□まとめ

今回は、動線の間取りについて解説しました。
注文住宅の間取りを考える際は、様々な生活動線を考慮する必要があります。
普段の生活を振り返ってみて、どのような動線を作れば快適な暮らしができるかどうか考えてみてください。