注文住宅を建てる予定の方へ!近所挨拶のタイミングについて解説します!

新築住宅を建てる際は、マナーとして、ご近所への挨拶回りが必要です。
しかし、どのように挨拶回りを行えば良いのか、不安な方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、挨拶回りのタイミングと、持参すると良いものについてご説明します。

□挨拶回りのタイミングとは?

挨拶回りは引っ越しの際に行うイメージが強いですが、注文住宅を立てる際は、工事の音やほこりなどによって、ご近所に迷惑をかけてしまうことも考えられます。
そのため、新築で住宅を建てる際は、引っ越し時に加えて、工事の着工前にも挨拶にうかがうと良いでしょう。

工事の着工前に挨拶をする場合は、地鎮祭の当日に行うのが良いとされています。
多くは住宅会社側が主となって行います。
簡単な挨拶文と、粗品を持って行くのが一般的です。
留守の場合に備えるためにも、挨拶文はあらかじめ作っておくと良いでしょう。

留守で、直接挨拶ができなかったとしても、日を改めてうかがう必要はないとされています。
ポストに挨拶文と粗品を入れておきましょう。
挨拶文には、工事の担当者の名前や連絡先を記しておくと、何かあった場合でもスムーズに情報伝達ができます。
工事と引っ越しが完了した後には、これから良好な関係を築いていくためにも、もう一度、しっかりと挨拶回りをしておきましょう。

挨拶回りの時間帯としては、早朝と夜間はなるべく避け、訪問先の都合を考えた時間帯に行うのが良いですね。

□挨拶回りに持参するもの

挨拶回りの際には粗品を持参します。

一般的には、500円~1000円程度の消耗品が良いとされています。
あまり高価なものを贈っても、相手方に気を使わせてしまうでしょう。

具体的には、タオルや石鹸、洗剤といった消耗品が定番と言われています。
他には、ティッシュやスポンジなども良いでしょう。
食べ物を持参する際は、ご高齢の方もいらっしゃる場合があるので、なるべく柔らかいものが良いでしょう。

初対面ですので、手作りのものはあまり喜ばれないかもしれません。
また、香りの強いものも、好みが分かれるので、気を付けましょう。
迷ったら、なるべく無難なものを選ぶと、失敗しないかもしれません。

□まとめ

今回は、新築住宅の挨拶回りについてご説明しました。
挨拶回りを行われる際は、この記事を参考にしていただけたら幸いです。
当社では、注文住宅の設計・施工を行っております。
注文住宅をお考えの方は、お気軽に資料請求・お問い合わせください。